前へ
次へ

バーチャルオフィスについて考える

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、在宅勤務やリモートなど直接勤務先に向かわず家で仕事をする人が増えました。そんな中バーチャルオフィスが誕生しました。バーチャルオフィスとはその名のとおり「仮想事務所」を意味しています。バーチャルオフィスを利用の背景としてはインターネットを通じて商品やサービスを提供する事業ができるようになったので、いままでのようにわざわざ会社に行く必要性がなくなってきたのです。とはいえ企業や個人事業主として事業運営をしていく上では、住所や電話番号は重要な立ち位置にあることは変わりません。バーチャルオフィスを使うことにより自分の居場所関係なく自由に行きたいところにいけるのです。以上のことがバーチャルオフィスを使って行く上でのメリットです。一方バーチャルオフィスを使うデメリットとしては、使える時間帯が限られてしまうこと、実際会うから分かることが分からずに話が進んでしまうことなどが挙げられます。バーチャルオフィスを上手く使って世渡りをしたいものです。

Page Top